読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングコング スカルアイランド【ネタバレ】

スカルアイランドみてきました。

では感想や感じたことをつらつらと書きます。

文章能力はほっといてね。

この映画、殴って投げて撲ってぶんぶん振り回してってゴリラ無双

最初の日本人とアメリカ人の追いかけっこなんか凄くシュールでした。

日本人役の人、凄い邪悪な笑みだなぁ、、、

と思ってよく見たら

「あれ?これMIYAVIさんじゃね?」

そう、世界で活躍するサムライギタリストことMIYAVIが零戦の日本人パイロットとして出演してました。

日本刀ぶんまわしてまさしくサムライ?っぽかった...か?
なんか所々違和感を感じる、戦闘狂全としたMIYAVIさんを見てると

「え、え、日本人ェ...」

ってなります。えぇ、どうでもいいか、、、

まぁ、私らとしてはそんなことより早くゴリラ見たい、、、って思いながら見てると気になるフレーズが。

「何かを始末するために水爆実験と称して水爆を投下した」

ん?ん?これどっかで聞いたことあるぞ...たしか...

そんな感じでちょくちょく気になるワードが飛び交うなかとうとうゴリラ登場。

地層地質調査をしていたアメリカ軍用ヘリをことごとく潰していきます。

人間がイクラの如く潰されていきます。

迫力ありました、3Dでもやるためか、映像も飛び出るようなカメラワーク

ゴリラアクションの触りでこれか...

ゴリラvsトカゲ

トカゲの脚がなかった、もともとデザイン的には前肢と体だけのデザインなのか気味の悪いビジュアルでしたね...

こいつにゴリラの家族殺されたのかって思うとゴリラがトカゲをめっためたにしてるときは物凄く胸の晴れる気持ちがしました。

怪獣同士の戦い...というよりは、ゴリラに人間味がある分、プロレスを見ている感覚に近かったです。

ゴリラの技が多彩なんですよ...

特にあの大木を手にとってトカゲをぶっ飛ばすシーン痺れました( ^∀^)

あと軍艦の鎖が、、、ゴリラが絡まるンですけど、無理やり引きちぎって咆哮するシーンもよかった。

先ほどプロレスと形容した通りゴリラの鎖が首にかかってるの、あれ、真壁さんそっくりでした。


そのあとは鎖についた軍艦のスクリュー部分でトカゲを切って刺して裂いてって感じでゴリラによる斬撃アクションを堪能

しつこいトカゲに止めの※つぼ抜きッッッッ!
(【※つぼ抜き】料理用語で包丁を使うことなく魚のエラと内蔵を口から引き出す技術)

ドルゥンっと出てきました、さすがに息つまりました...ゴリラアクションラッシュ(((((((・・;)

と、まぁ、ゴリラのことしか書いてないですが、とにかくゴリラゴリラゴリラゴリラの映画。

でもエンドロール後の最後に凄い事が。

「キングはコングだけではない」

そう先ほど引っ掛かった

「何かを始末するために水爆実験と称して水爆を投下した」

というワードがここで明らかになります。

日本地図、古代文明、壁画に描かれた絵には背にトゲトゲのある2足歩行のトカゲや大きな蛾、三首のドラゴンの絵がありました。

「こ、これって...」

たしかこの映画の制作会社はレジェンダリー・ピクチャーズ

そしてこの会社は怪獣作品のクロスオーバーを作っており配給のワーナーは東宝から怪獣の使用権を得ている、、、

もうお分かりですよね?